実施の効率を高めるには?MDMの成功に結びつく参考情報を徹底的に解説

このサイトでは、MDMの成功に結びつく参考情報を徹底的に解説しています。
導入をすることで様々なメリットを得ることができると言われていますが、具体的にその機能がよくわからないと言うことも多く、また気になる費用対効果も明確でないと不安に感じる人も少なくありません。
このサイトではこれらの疑問を解決する情報を提供しているのがポイントで、特に複雑なモバイル端末の管理を単純化することができることや、社内セキュリティの強化の促進に役立つことがメリットであることを具体例を挙げて解説しているのが特徴です。

実施の効率を高めるには?MDMの成功に結びつく参考情報を徹底的に解説

MDMは近年非常に話題となっており、業務効率を高めるために積極的に導入が進むモバイルデバイスのリスクを改善すると期待されているものとなっています。
業務をスムーズに進めるためには様々な場所で自由に社内の情報リソースにアクセスをすることができる事は非常に大きなメリットを生むものとなっていますが、同時に情報漏洩のリスクも大きくなるため注意が必要です。
従来はそのため外部アクセスを一切行えない状態とすることも多かったのですが、近年ではこれを積極的に利用することが効率を高めるものとなっています。
MDMはこれを効果的に実現するとともに、情報漏洩リスクを低減することができるものとなっているのが特徴です。

モバイル機器の増加に伴うMDMの重要化

日本ではモバイル機器の利用者が増え、MDMと呼ばれる管理システムが脚光を浴びています。
MDMは、スマートフォンなどのモバイルデバイスを適切に管理できるシステムです。
業務用のスマートフォンをテレワークで使ってる場合は、万全のセキュリティ対策が必要です。
業務とは関係ないアプリをインストールすると、後でトラブルに発展するケースもあります。
MDMは複数のモバイル端末を簡単に管理でき、セキュリティの面でも多くのメリットを得られます。
アプリの利用を制限すれば、サイバー攻撃などのセキュリティリスクを回避できます。
MDMの一括管理機能を活用してシステムの記録を見れば、ユーザーの利用状況を簡単に確かめられます。
利用状況に問題がある場合は、適切に対応してトラブルを未然に防ぎます。
仕事で外に出てスマートフォンを紛失した場合でも、遠隔操作でモバイル端末の重要な情報を保護できます。
モバイル端末の管理が楽になると、業務効率も向上しコストの削減に繋がります。

MDMで強化する端末の運用ポリシー

MDMは企業内で利用する様々な端末を管理することができるとともに、その運用ポリシーを強化することができると言うメリットがあります。
社員が利用するモバイル端末は管理者の目の届かないところで利用されることが多いため、中には本来の規定にない使い方をする場合も少なくありません。
これが情報漏洩リスクを大きくしてしまったり、また様々なセキュリティの問題を発生させてしまう要因になることが多いため、管理には十分な注意が必要です、 MDMを導入することにより、これらの端末の様々な動きを管理することができるようになるため、問題のある使い方等がされた場合にはいち早く検知することができます。
また必要に応じてそれらの機能を遠隔操作で制限したり、もしくは利用者の制限を行うことができることから、そのリスクを大きく減らすことができるのが特徴です。
MDMを導入することで本来のモバイル端末の機能を最大限に発揮することができるとともに、コンプライアンス上も効果的な条件を生み出すことができるため、非常に有効なものとなっています。

盗難のリスクをMDMによって削減

MDMの導入によって、スマートホンとかタブレット端末のようなモバイルデバイスの盗難リスクを軽減することができます。
今や、仕事にはこれらのモバイルデバイスが欠かせない会社も多いでしょうが、持ち運びが容易な分だけ、紛失とかちょっと目を離したすきに盗まれてしまう危険性も増しています。
そして、見た目には小型の端末であっても、内部に含まれる情報やデータは膨大で、漏洩することによる影響は当然大きなものになっているでしょう。
MDMを導入することで、これらのモバイル端末について、例えば遠隔操作でロックしたり、内部のデータを削除したりすることもできるようになります。
デバイスそのものを失うマイナスはちょっと避けようがありませんが、内部のデータが外に漏れるようなリスクを減らせるわけです。
企業にとって、デバイス1台だけの物理的な問題ではなく、情報の漏洩のほうが大きなリスクのはずですから、これには大いに意味があります。

MDMで各機器の機能を制限する効果

MDMにはいくつかの特徴がありますが、その中には各機器の機能を制限することもできます。
今ではノートパソコンだけではなく、スマートホンやタブレットのようなデバイスが仕事には欠かせない会社も多いはずですが、当然ながらこれらの機器は通常は市販品をそのまま使うことになるわけで、市販品である以上は仕事とはあまり関係のない趣味的なものも含まれていたりしますし、趣味とはちょっと異なるものであっても、自分たちの会社の業務には関係のない機能も多かったりします。
MDMを導入すればこれらを制御する効果が期待できます。
具体的に例を挙げれば、スマートホンのカメラは仕事で使うことはなく、これを使うことでむしろ業務の非効率になると考えられたとしますと、全員に貸与した機器についてカメラは使わないというか、使えないように設定できたりします。
あるいは、USBメモリを接続することは情報漏洩のリスクが高いので会社のポリシーとして禁止することもできます。

著者:横沢昭吉

筆者プロフィール

福岡県福岡市生まれ。
MDM管理ソフトの開発を行う。
MDMを成功させるために必要なことをまとめました。
MDM ツール